2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.09.07 (Sun)

.

スポンサーサイト
EDIT  |  18:05  |  稼動日記  |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑

2008.04.20 (Sun)

~終焉~

 ご機嫌いかがお過ごしですか?


 気づけば桜も散り、4月も後半に差し掛かっておりますね。


 今年に入って1/3 くらい過ぎたわけですが、色々なことがありました。


 スロ生活8年間で、初のドスランプを経験したり、チャリンコで転倒→負傷したり、


 もう踏んだり蹴ったりでした。


 色々と4月に入ってから、考えることが多くて悩んでいたこともありました。


 それでも、励ましてくれるコメントなんかに元気をもらったりして何とかやってたわけですが・・・・・


 結論に達したというよりは、この辺で一段落付けてみようかなと。


 このブログを書くにあたって、



 「何かを伝えていきたい」


 というものがあったのですが、いつしか自分のことでいっぱいで、パンクしそうになってたんですね。


 これからブログをどこかで書くか分からないし、


 もう書くことがないかもしれません。


 それでも、一度決めた道。


 この道の、この業界の答えが見つかるまでは突き進んで行こうと思っております。


 答えがあるのかどうかはまだわかりませんが。


 いつも楽しみにしてくださった方々、


 コメントくださった方々、


 直接会う機会があった方々も、お会いする機会がなかった方々も、


 今までありがとうございました。


 最後に好きな言葉を。


 ~ どんな困難も、きっと信じれば乗り越えられる


           越えられない壁なんてない


                 困難は超えられる人にしか来ないのだから 





 PS、 パチンコパチスロは楽しいですか?


                H 20 / 4 / 20
EDIT  |  23:59  |  稼動日記  |  TB(1)  |  CM(13)  |  Top↑

2008.04.15 (Tue)

吉宗 ボーナス察知打法



 吉宗面白いね~♪


 もう頭ん中では、


 「伝~え~たい 伝~え~たい♪」


 って全員BIGの音楽が、ぐるぐる回ってますww


 ちなみに、現在の携帯の目覚まし音がこれ。


 当然、


 起きれない~ 爆

 
 ってことで、


 今日は、吉宗講座でもやってみますか♪



 ~通常時の打ち方



 左リール(以下リール省略)上・中段に黒図柄(以下バー)狙います。


 上段に止まった場合、つまりは中段チェリーの形に止まると 1確


 一応3ラインだから、中段チェリーという言い方はおかしいのだけど、普段は止まらない制御になってます。


 ここ正確に押せていて、尚且つ 太鼓(以下ベル)・角松・太鼓まで滑ると、 青7 の1確。
  

 中・右押さずして確定って結構知らないよね。


 上段に角松が止まると、 角松 or チャンスリプレイ(以下チャンリプ)。


 基本形はこれでOK♪


 吉宗の特徴として、同色BIGはリーチ目が出やすく、異色BIGはでにくいって言われてます。


 チャンリプ引いた後なんかに、演出の結果見てたんじゃ日が暮れてしまいますww


 ではどうやって、打ち進めていけばいいかってのをご紹介。


 ~ボーナス察知打法(エージィVer)~ 


 わかりやすいようにチャンリプを引いたと仮定してお話します。
 
 
 まず左に中・下段にバーを押して、赤7が滑ってくるかに注目


 赤・赤・白 か 赤同色BIG 成立だった場合のリプレイ非成立時、赤7が上段まで滑ってきます


 ちょっと遅く押しちゃったかなって場合でも、上段赤7からベルが揃わない時点で赤7系のボーナス確定。


 そのまま狙って行ってもかまわないのですが、ベルを取りこぼす可能性があります


 ベル奪取打法については、後ほど。


 バーが下段もしくは、(下段ビタで押した場合はたまに滑って)角松上段の形で止まった場合、


 赤7系のボーナスは否定


 なので、次のGから左リール 上・中段に青7を狙って行きます。


 青7の2連が中・下段に停止で、角松 or 青BIGなのでここは青7を狙って行きましょう。


 リプ・角松・青7となった場合は、とりあえず 青BIGを狙ってみます。


 だいたい、バーを狙った時点でリーチ目が出やすいので出なかった時点で青BIGの可能性は低いのですが、

 
 青7を押して、白7が滑ってきた場合は白系のBIGが確定します。
 
 
 つまり、リプレイが来なければ2Gでボーナスが成立しているか否かは判断できるんです


 また、中リール枠上に赤・白7を狙って上段もしくは中段に止まり、左枠上に同色のボーナスを狙って


 そのまま滑ってきて平行テンパイした時点でも、2確になります(上段テンパイ時は、ベルの可能性もあり)


 姫B       |
     姫B  回転中  
          |

 (これは当然NG 右下斜めには揃わないから )


          |
     白7  回転中
 白7       |


 (左枠内に白7狙ってしまい、ここまで白7が滑ると ハズレの可能性大)
 

 う~ん、素晴らしいリール制御だ♪


 白系・赤系 ボーナスが成立していると分かったら中押し枠上狙いに変更


 中段まで、滑ってきたら左→右とそのまま揃えちゃってOKです。


 上段に停止した場合は、ベルの可能性があり。


 本来はベルを取るようにするのがベストです。 


 でも、実はボーナス優先させても良いのかなってちょっと思うんですよね~


 なぜか?


 ボーナス成立後、上の手順をするとベル無視した時、3Gでだいたい揃えることが可能なんですが、


 ベル獲得するために、上段停止時ボーナスを揃えないように打った場合


 ボーナス成立後のリプレイ確率がかなりアップするため、5G~10G前後時間がかかってしまいます。


 それプラス、目押しが苦手で上段に止まるたんびに避けていたのでは、20Gくらい掛かってしまうことがあるんです。


 リプ → リプ → ベルかな? → リプ → リプ・・・・・エンドレスw


 1回に平均10Gかかる場合とすぐ揃えてしまった場合では、その差平均7Gほど違ってきます。


 これが、数千回転になってくるとBIG何回か引けるんではないかと予想してるんですよね・・・・


 演出上で、ベルナビ出た時はベルをフォローし、ちょっと微妙な演出だったら揃えに行った方が


 時間効率的にも良いのではと考えてます。


 その辺は、試行回数やら機械割のシュミレートやら複雑な数値になるのでわからないんですがね。



 
 簡単に説明してみましたが、分からないことがあればまたコメントください。

 

 最近吉宗打っていて感じるのは、北斗の拳2 将 においても言えることですが、


 ボーナス察知までの時間が、シュミレーションより掛かってることで機械割が取りきれてないんじゃないかなってことですね。


 新・吉宗なんかは特に、爺ステージにおける確定までのG数が3G前後に対し、残り2つは7G前後と言われてます。


 実際、チャンリプ引いた後の演出なんかは、すごい凝って作られているので見いってしまいますね。  

 
 でもその間にも、はずれが数回出現してること、揃えるまでに時間(G数)が掛かってることが多々あります。


 完走型RT機と呼ばれるものは、ボーナス出現確率を数値より低く見たほうがイイと言いますが、


 実際にホールで吉宗のデータ見る場合にも、同じような気がしますね~


 実際の合成確率はもっと上である可能性が高いということですね。


 リプレイが上がってるから大丈夫、演出が楽しいからゆっくり見たいと思ってると、


 意外な落とし穴が待っているものです。


 今日はそんなお話でした。


 楽しみつつ、吉宗の設定6の機械割109%をフル活用できるよう、


 すばやくボーナスを察知して頂けたらなと思います。






 
EDIT  |  01:24  |  稼動日記  |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。